シナプスWi-Fiスポット 利用規約

第1条(用語の定義)

本利用規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用します。

  • (1) 「当社」とは、株式会社シナプスのことをいいます。
  • (2) 「公衆無線LAN」とは、当社が整備した公衆無線LANアクセスポイントのことをいいます。
  • (3) 「SSID」とは、無線LANにおける特定のネットワークを指定するための識別子のことをいいます。
  • (4) 「本サービス」とは、当社が提供する「シナプスWi-Fiスポット」と称する公衆無線LANアクセスサービスの一部を制限し「synapse-free」のSSIDを通じて提供するサービスのことをいいます。
  • (5) 「利用者」とは、本利用規約に基づき公衆無線LANを利用するものをいいます。
第2条(適用)

本利用規約は、本サービスの利用者全てに適用されます。

2 利用者が未成年者等の制限能力者である場合は、本利用規約に合意する前に、保護者または親権者などの法定代理人の同意を得ている必要があります。未成年者が本利用規約に合意された場合、法定代理人の同意が前もって得られたものとみなします。

第3条(変更および周知)

当社は、別途定める当社所定の方法による一定の予告期間をもって、利用者の承諾を得ることなく本利用規約を変更する事があります。この場合における本サービスの提供条件は、変更後の利用規約によります。

2 本利用規約の変更後に本サービスを利用した利用者は、変更後の利用規約に同意したものとみなします。

3 本利用規約の変更や、利用方法の変更に関する情報は、当社のホームページによって、利用者に提示されるものとします。ただし、当社が必要と認めた場合は、別の提示手段を用いる事があります。

第4条(サービス内容)

当社は、利用者に対し、別途定める利用場所において、公衆無線LANによりインターネットに接続できる環境を提供します。

2 公衆無線LANの利用料金は、無料とします。

3 本サービスは、利用時間、通信速度、一部の通信プロトコルなどを制限し提供します。

4 当社は、利用者の公衆無線LANへの接続および利用者が公衆無線LANを通じて得る情報等の完全性、正確性、確実性、有用性等について、いかなる保証も行わないものとします。

第5条(利用者の負担)

公衆無線LANを利用するために必要な機器等の準備および設定については、利用者が行うものとします。

2 利用者がインターネット上で利用した有料サービスに係る費用については、その理由に関わらず、当社は一切の負担をしないものとします。

第6条(禁止事項)

当社は、本サービスの利用について、次の各号に掲げる行為またはそのおそれのある行為を禁止します。

  • (1) 著作権またはその他の権利を侵害する行為
  • (2) 財産またはプライバシーを侵害する行為
  • (3) 第三者を誹謗中傷する行為
  • (4) 明らかに公序良俗に反する行為、または公序良俗に反する情報を第三者に提供する行為
  • (5) 犯罪または犯罪に類する行為
  • (6) コンピューターウイルス等の有害なプログラムをホームページに掲載する行為、または電子メールにより配信する行為
  • (7) 通信販売、連鎖販売、業務提供誘引販売その他の目的で特定または不特定多数に大量のメールを送信する行為
  • (8) 全各号に掲げるもののほか、法令に違反し、または当社あるいは第三者に不利益あるいは損害を与える行為
  • (9) その他、当社が不適切と判断する行為
第7条(利用の停止)

利用者が次の各号のいずれかに該当する場合、当社はあらかじめ利用者に通知することなく、直ちに当該利用者の公衆無線LANの利用を停止する事があります。

  • (1) 第6条および前条の規定に反する行為を行った場合
  • (2) 本サービスの提供に支障を与える、もしくは与える可能性のある行為を行った場合
  • (3) 前号に掲げる場合のほか、本利用規約に違反した場合
第8条(利用者の責任と義務)

利用者が国内外の他のネットワークを経由して通信を行う場合、利用者は経由するすべてのネットワークの規則に従うものとします。

2 利用者は、本サービスの利用に伴い、他者との間に紛争、係争等が発生した場合は、自己の責任と費用を持って処理解決に当たるものとします。

第9条(利用の制限)

当社は電気通信事業法第8条により、公共の利益のため、非常時における緊急を要する重要通信を内容とする当社のサービスを確保または優先させるため、本サービスの提供を制限または停止する事があります。

第10条(提供の中断)

当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、本サービスの提供を中断することができるものとします。

  • (1) サービス提供用設備の保守上または工事上やむを得ないとき
  • (2) 電気通信事業者および委託業者の都合によりサービス提供が不能なとき
  • (3) 前各号に掲げる場合のほか、当社が公衆無線LANの運用上、中止が必要と判断したとき
第11条(サービス廃止)

当社は、当社の都合により本サービスの一部または全部を廃止することがあります。

第12条(免責)

当社は、公衆無線LANの利用に関連して利用者等に次の各号に掲げる損害等が生じた場合において、その原因の如何を問わず一切の賠償の責任を負わないものとします。

  • (1) 公衆無線LANのサービスの提供、変更、中止によって利用者または第三者に損害が生じた場合
  • (2) 公衆無線LANを通じて登録、提供または収集された情報の消失によって利用者または第三者に損害が生じた場合
  • (3) コンピューターウイルス等の感染によるデータの破損または漏洩等により利用者または第三者に損害が生じた場合
  • (4) 第6条各号に規定する行為によって利用者または第三者に損害が生じた場合
  • (5) 前各号に掲げる場合のほか、公衆無線LANの利用に関連して利用者または第三者に損害が生じた場合または利用者と第三者との間に紛争等が生じた場合
第13条(利用の記録)

当社は、利用者の公衆無線LANの利用に際し、利用者の利用した機器のMACアドレスを記録・保管します。

2 当社は、公衆無線LANの適切な利用を図るため、利用者のアクセスログを記録することがあります。

第14条(個人情報)

当社は、利用者の個人情報(以下「個人情報」といいます)を、別途定める「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

2 当社は、個人情報を、次の各号に掲げる利用目的の範囲内で取り扱います。

  • (1) より良い商品・サービスを開発し、提供すること
  • (2) サービスレベルの維持向上を図るため、アンケート調査、及び分析を行うこと
  • (3) 利用者に有用かつ有益と思われる当社の商品・サービス等に関する情報、関連するアフターサービスのお知らせを行うこと
  • (4) 利用者から個人情報の取り扱いに関する同意を得るために、電子メールにより送信、郵便物等の送付、又は電話すること
  • (5) その他、利用者からあらかじめ同意を得た範囲内で利用すること

3 当社は、前項の特定された利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報を業務委託先に預託できるものとします。

4 当社は、利用者にご提供いただいた個人情報を、あらかじめ利用者の同意を得た場合あるいは利用目的を特定し、あらかじめ利用者に通知し、又は利用者が容易に知り得る状態に置くなどの措置を行わない限り、第三者に個人情報を開示、提供しないものとします。

5 当社は、第4項に係わらず、次の各号に該当する場合は、利用者の事前の同意を得ることなく、利用者の個人情報を第三者に開示、提供する場合があります。

  • (1) 法令の定めに基づく場合
  • (2) 人の生命、身体又は財産の保護に必要な場合
  • (3) 公衆衛生上の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合

6 当社は、オフィシャルな当社サイトに対するアクセス傾向を分析し、より良いお客さまサービスを提供するために、利用者の端末にクッキーを設定することがあります。当社は、クッキーと利用者個人の識別する情報との組み合わせにより特定された利用者が閲覧した当社サイトに関する情報を個人情報として取り扱います。

第15条(通信の秘密)

当社は、電気通信事業法第4条に基づき、利用者の通信情報に関する守秘義務を遵守するものとします。

2 当社は、刑事訴訟法第218条(令状による捜査)その他同法もしくは通信傍受法の法令の定めに基づく場合、当該処分、公務命令の定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。

3 当社は、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示請求等に基づく開示請求の要件が充足された場合、当該開示請求の範囲で第1項の守秘義務を負わないものとします。

第16条(協議)

本利用規約に基づく公衆無線LANの利用に関連して、利用者と当社の間で紛争が生じた場合、利用者・当社ともに誠意を持って協議し、解決にあたるものとします。

第17条(準拠法)

本利用規約に関する準拠法は、全て日本国の法令が適用されるものとします。

第18条(合意管轄裁判所)

利用者と当社との間における一切の訴訟については、鹿児島地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付則
発行
改正   サービス名称変更に伴う本利用規約名称の改正